名画2010/09/12 10:43

昨年に続き今年も“ラグタイム・映画音楽”、やらせて頂きます!
今年は映画音楽を少し多めに。少なくとも写真の3作からは何曲ずつか弾く予定です。

ウエストサイド物語は歌がないとちょっと物足りないかなぁ、という気もしますが、
「ピアノ・レッスン」と「海の上のピアニスト」はピアノありき、の作品ですよね。
どちらもとても印象的な映画でしたが、特に「ピアノ・レッスン」は恐ろしかった。。。ピアニストが見るには恐ろしすぎます。私はハーヴィー・カイテルで大好きなので恋愛部分は官能的で良かったのですが、あの、ゆ、指のシーンが・・・
あ~思い出すだけでも怖すぎる~!!
その裏でめくるめくように流れるマイケル・ナイマンの曲は、哀しさを掻き立てるようで胸に深く突き刺さります。
出来ればご覧になってからいらしてくださいね。

もう一つの名曲プロも、自分自身久しぶりに弾く曲もいくつかあって楽しみです。

せんくらに今年も参加させて頂けて本当に幸せです!
もう少しでお目にかかれるのを心待ちにしていま~す!!

三舩 優子

元祖・きれいなお姉さん2010/09/11 19:02

今年の演目は3つ:昨年ご好評を頂いたラグタイム・映画音楽の夜、名曲シリーズ、
そして今回初となる女優の水野真紀さんを朗読にお迎えしての「シンデレラ」。
真紀さんはご存知の通り、おりこうな息子さんが一人いらっしゃいながら、精力的にお仕事もされている「スーパーママ」であります。

このチラシの写真、ふたりとも若いでしょう(笑)。最初にご一緒したのはもう8年ぐらい前で、以後間隔は空きながらもコンスタントにこのシンデレラで全国を回って来ま
した。元々は私の“WINGED”というアルバムにプロコフィエフのシンデレラ組曲を入れたので、それをベースに朗読と合わせられないかな~と思ったのがきっかけです。
ちょうどその頃真紀ちゃんと知り合い、彼女はまだ結婚もされてなかったのですが
「子供の情操教育って大事よね!」と快くノッてくれ、忙しい売れっ子にも関わらず私とのこの仕事だけは受けてくれて、遂にはせんくらに登場!!となりました!
ありがとー真紀ちゃん!牛タンごちそうするよ~。

首輪かと思うほど細いベルトをしていて、そばで話しているときに顔を見ていると本当にちっちゃくてお肌もきれいで美人で、それでいてとてもきさくでふつーの感覚を持っていて・・・と、ホントにステキな方なんです!

シンデレラは子供たちだけでなく、大人も惹き込まれてしまう語りと曲と「仕掛け」で仕上がっていますので、ぜひぜひ皆さま、いらしてくださいね~^o^


三舩 優子

大好物2010/09/10 11:14

私は食べ物の好き嫌いがほとんどなく、和洋中、エスニックなどなんでもオッケーです。
その中でも、太らなければ毎日でも食べたいぐらい好きなのが「ピザ」です!
パリパリの薄い生地、もちもちのナポリ風・・・と今はいろいろありますが、やはり子供の頃にピッツァ・パーラー(と呼んでいた)で一枚、二枚と頼んで食べていたアメリカンスタイルのパンピザが今でも一番好き。

今回はカーネギーホールの斜め向かいあたりにあるAngelo'sという窯焼きの有名なピザ屋さんに、イタリア人の家族と行きました!
キャンティーで乾杯してから定番のモッツァレラとトマトにペストソース。続いてイカのフリット。そして最後にドーンとピザが。すごい量で食べれない~!と思われるでしょうが、あまりのおいしさと、しつこくないあと味に、食べれてしまうんです、これが。いえ、けっして私だから食べれるというワケではなく(!)、大人から子供までみーんな食べていました。

特にこの生ハム!!このハムとチーズの質は日本にはないなぁ~。
もし「あるよ!」
とご存知の方がいらっしゃいましたら、ぜひ、教えてくださいませ!

やきとり2010/09/09 11:00

昨日のブログにも出てきたバーベキュー。アメリカではハンバーガー、ホットドッグ、 ステーキ肉などが基本ですが、もちろん串焼きの野菜やとうもろこしなんかもあります。
牛肉だけでなく、いわゆる「焼き鳥」も。そこで今最も勢いのある“Wholefoods"という素晴らしいオーガニック系の食材の宝庫のスーパーで見つけたのがこちら。
デカッ!!
焼くのも時間かかりそうだけど、これ一本食べたらお腹かなり膨れるでぇ~。
スケール違うなホントにもうー。
これ以外にもピーマン、マッシュルームなどが丸ごと何個か串に刺してある野菜焼き などもありました。すべてきれいに出来上がっていてあとは焼くだけ。

いつかこれらを買い込んでバーベキュー、行きたいものです!
あとは樽ビールですね(笑)。

三舩優子

タイ式結婚式2010/09/08 21:09

今回はニュージャージーで過ごした小学校時代の同級生の親友…のお兄さんがタイ人と 再婚するということで、タイ式セレモニーに出席してきました。ちなみに彼はイタリア人。前妻は日本人で娘が一人。来ているお客さん達も国際色豊かでした。

マンハッタンからタイの僧侶を5人呼んできて、自宅の庭で早朝始めたセレモニー。
段取りがいろいろと細かくあり、お祈りがあったり、新郎新婦の手に参列客が一人ずつ水をかけて清めたり、また、新郎が花を持って新婦のところに行くのをみんながさえぎって、小さなプレゼントをもらうと通してあげたり・・・と興味深い儀式でした。
いわゆる両親への花束贈呈のようなものもあったり。

儀式の最後にタイのシェフを呼んでのタイ料理のビュッフェ。私はパクチーはじめタイ料理が大好き!なので、本当に堪能しました!

そして一旦お客さん達は帰り、我々は昔を思い出しながら一緒に片付け。日頃の手馴れた作業ゆえ、夜の部で花嫁サンが着るドレスにスチームアイロンをかけてあげたりしながら、自己紹介をし合っておしゃべり。
夕方からはサングリアやテキーラバーと共にバーベキュー・パーティー。あらゆる肉のグリルと、イタリア家庭には欠かせないパルマの生ハムと水牛モッツァレラ。
ん~~たまらないパーティーでした。


三舩優子